Burning Style♫

大学卒業後、オーストラリアへワーホリ。現在はタスマニアで情報を発信中♫

MENU

鍋で米を炊く方法! 海外でもお米が食べたい!!

f:id:burningstyle:20170821203523j:plain

メルボルンからG'day Mate!!

海外に来たら、お米が食べたくなりますよね。

オーストラリアにも炊飯器は売っていますが、日本の炊飯器より質が悪い場合があります。

海外の炊飯器は大体質が悪いです泣

 

 

というわけで今日から炊飯器は引退しよう!!

 

 

今日から君も鍋炊きマスターだ!!

オーストラリアのメルボルンに住んでいますが、最近は毎日米炊いて、日本食ばっか食べている僕が伝授するよ!!!

この前作ったのは海鮮丼!!!

 

 

今回用意するものは3つ!!

f:id:burningstyle:20170821205009j:plain

 

 

・米(好きな分量)

・鍋

・水

 

お米の種類は、海外では日本の物ではないジャスミンやベスマティがありますが、どのお米でも大丈夫です!

 

ちなみにオーストラリアのメルボルンでは、日本のお米は日本のショップやお米のショップに売っていました!

 

 

米を炊こう!!

 

 

・米をまず洗い、水に米を最低30分浸しておく。

 

この手間を加えることで、米がよりしっとり美味しくなります!

 

f:id:burningstyle:20170821205054j:plain

水の分量は米の上に手を置いて手の甲のこのライン!! 

 水の分量は目分量で大体米の上から1cmか2cmくらい!!

何回か炊いたら、自分のラインがわかってきます!!

 

メジャーカップなど必要ありません!!

 

ちなみに炒飯を作りたいなどで、米を固く炊きたい場合は、水に浸す必要はありません。

 

 

 

火加減が鍵

 

 

強火にかける

・その後沸騰したら、弱火にかける

弱火で、20分から30分で水がなくなるまで炊けば完成!!

 

おこげが欲しい人は、最後に5分強火で炊けば、おこげが付きます!

 

完成!!!!!

 美味しいお米が炊けました!!

f:id:burningstyle:20170821205147j:plain

 

僕は、最近ベスマティと日本米をMIXして炊いています。

ベスマティを入れることで、少しさっぱりしたお米を炊くことができます!

 

鍋で炊くのに慣れてしまったので、もう炊飯器は日本に帰っても多分使いません笑

鍋炊きバンザイー!!

 

 

 

何か質問等ございましたら、インスタ、ツイッター、コメントでいつでも受け付けています!!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Thanks Mate!!